バイオリン弾き方.com

脱力の仕方【バイオリン】

脱力の仕方【バイオリン】

 

バイオリンの脱力が出来るようになると
楽に弾けるだけでなく
体を傷めずに
バイオリンを弾く事が出来ますね。

 

意外とバイオリンは
肩こり、頭痛、腱鞘炎の原因になったりしますから気を付けたい所です。

 

それとバイオリン弾きは首にあざがある事が多いですよね。(私も(^^♪)

 

小さいときアザが痛くてしょうがなかったのですが
脱力する事でかなり改善しました。

 

では、どのように脱力すればいいのでしょうか?

 

●良い姿勢
●良い左手の形
●両肩を下げる
●肩あて、顎当てを自分の合っている物に変える

 

これだけでかなり脱力できますが

 

もっと言うならば
「常に脱力する事を自分で考える。」

 

のが凄く大切です。
バイオリンを弾いている時以外も考えます。

 

例えば歩いている時の右手に注目してみましょう。

 

指はつっぱっていないし、右手も力が入っていない状態ですね。

そして無意識に歩いているはずです。

 

その感覚で弓を持つ事をイメージをしてバイオリンを持たずに右手を動かしてみて下さい。

 

リラックスしていて良い姿勢でいるときも
「いま、この状態でバイオリンを持つとどんな姿勢になるか?」

 

想像してみて下さい。

 


顔の向き、肩、お腹も出ないように。
そこからバイオリンを持つ事をイメージしましょう。

 

左手も、力が入っていない事をイメージして
机の上などちょっとした合間を見つけては動かしてみる。

 

 

バイオリンが目の前になくても出来ますし、重要な練習です。

 

「脱力は一日にしてならず。」

 

生活の中でヒントが隠れているかもしれません。

 

 

「たまに」
考えるのでは脱力出来るのに10年かかるかもしれません。
しかし
「常に」
考えれば、1年で脱力出来るかもしれないですね(^^♪

 

 

関連ページ

脱力の仕方【バイオリン】

バイオリンの脱力が出来るようになると楽に弾けるだけでなく体を傷めずにバイオリンを弾く事が出来ますね。意外とバイオリンは肩こり、頭痛、腱鞘炎の原因になったりしますから気を付けたい所です。それとバイオリン弾きは首にあざがある事が多いですよね。(私も(^^♪)小さいときアザが痛くてしょうがなかったのですが...

≫続きを読む

右手の脱力!腕の重さだけで弾く方法【バイオリン】

右手が脱力できると、力任せに弾かなくて済むので、楽に音を出すことが出来ますね。今回はバイオリンを弾く時に、右手を脱力して、腕の重さだけでフォルテ(f)やフォルティッシモ(ff)を出す方法をご紹介します。以下の動画を参考にしてください。だれかに協力してもらい、右手が脱力する感覚を覚える。まず、楽器を置...

≫続きを読む

バイオリンの痛くならない構え方、持ち方

「バイオリンを持っている(構えている)だけで肩や腰、首が痛い…。」どうしたら、自然とバイオリンを構える事が出来るのでしょうか?以下のようにまとめました。動画もご覧ください。バイオリンを顎で挟むときに、無意識にでも挟めるようにする。「挟む。」という響きを聞くと、ギュッと力をいれてバイオリンを顎と肩で挟...

≫続きを読む