バイオリンの姿勢を見直そう

楽譜はなぜ読まなければいけないのか?【バイオリン】

楽譜は、なぜ読まなければいけないのか?【バイオリン】

 

「楽譜を読むのに時間がかかりそうだし、楽譜を読まずにバイオリンを弾きたい。」
と思ったことはありますか?

 

「耳を育てる為に、楽譜をあえて見せない。」

 

と言う方針の教室もあります。

 

私は、必ず楽譜を読むように指導します。
バイオリンの音をはやく出したい気持ちは分かりますが、

 

急がば回れ
です。

 

楽譜が見れないと…

 

◆自分がどこを弾いているのか分からない!

 

◆ダウン、アップ、スラーがゴチャゴチャに!

 

◆無限ループが起きる!

 

◆楽譜が読めないので、途中から弾けない。→大事な部分練習が出来ない 涙

 

など、色々な弊害が起こります。

 

楽譜は4歳になれば、読めるようになります。

 

3歳だと個人差がありますが、諦めずに教えたら読めるようになります。

 

楽譜が読めるようになるためには、

 

まずは、とにかく「書いて覚える。」より「読んで慣れる。」のが大事!

 

そして、声に出して音程付きで楽譜を見ながら歌いましょう。

 

おはじきゲームや、カードゲームなどで、遊びながら楽譜を読むと、特に小さい子は楽譜を好きになってくれます。

 

おすすめの学習の仕方のリンク→2歳、3歳、4歳、5歳向けの楽譜の読み方

 

楽譜は平仮名を読むのと同じ。読めるようになると、世界が広がって、本人にも自信が付きます。

 

 

関連ページ

楽譜はなぜ読まなければいけないのか?【バイオリン】

「楽譜を読むのに時間がかかりそうだし、楽譜を読まずにバイオリンを弾きたい。」と思ったことはありますか?「耳を育てる為に、楽譜をあえて見せない。」と言う方針の教室もあります。私は、必ず楽譜を読むように指導します。バイオリンの音をはやく出したい気持ちは分かりますが、「急がば回れ」です。楽譜が見れないと…...

≫続きを読む

2歳,3歳,4歳,5歳向け楽譜の読み方【バイオリン】

3歳、4歳の子供たちにも楽譜を好きになってもらうには、どうすればいいのか?楽譜が読めたら、楽譜がもっと好きになります!楽譜の読み方を以下の通りまとめました。後半は音符を読む、ゲームの仕方について書いています。ドレミファソラシドを呪文のように覚えましょう。呪文のように唱えるのもいいです。ドレミの歌など...

≫続きを読む

バイオリンの楽譜の読み方。「もう手遅れ?」と感じている人向け。

楽譜が難しくなって来てしまって、「音を読むのが困難になってしまった。」と感じている人も楽譜を読めるようにしたいですよね!今からでも大丈夫!時間はかかるかもしれないですが、以下の通り練習すれば必ず読めるようになっていきます。自分の弾いている音と楽譜に書いてある音を頭の中でリンクさせる。「もう手遅れ。」...

≫続きを読む