バイオリン弾き方.com

先生に気に入られる観察力、耳の鍛え方【バイオリン】

先生に気に入られる観察力、耳の鍛え方【バイオリン】

まともな先生のレッスンでは、

 

講師が手本を弾いて、生徒さんが先生の弾き方を観察して真似をする。
言われた事を、すばやく理解して弾く事で上達していきます。

 

観察力や耳のいい子は、特に講師が何も言わなくても上達してくれます。(*^-^*)

 

耳がいいので、先生の話に耳を傾けるし、言われた事をどんどん吸収してくれるので
グングン伸びます。

 

1を聞いて10を知る事が出来るといいますか…(o^―^o)
普段から先生にどう言われるか?どう思われるか?考えておくのもいいですね。

 

レッスンでは、先生がお手本を弾いている時は
耳は一音も漏らさずに聞き、
目は先生に穴が開くのではないかと言うくらい、よく見て観察しましょう。

 

基本的には、子供は全員観察力や真似する力が優れています。
日本語もしゃべれるようになるくらいですからね。

 

 

 

レッスンで上達する観察力を鍛える方法を公開します。

 

バイオリニストが弾いている教本のCDを一小節ずつとめて、真似させる


一小節ずつ止めては、CDから流れて来た音の特徴を捉えて真似してひく。
音程もよくなって、相対音感などの耳が鍛えられます。

 

一曲弾き終わる頃には相当時間がかかりますが、
かなり上手になっていると思います。

 

真似する力はレッスンでも活用できます。

 

レッスンでビデオを撮り、先生の演奏を一小節ずつとめてマネさせる。

 


出来たら、一小節を二小節に変えたり、真似する時間を長くすると良いでしょう。

 

ここで二人の著名人の言葉を紹介します。

 

五嶋みどり、パールマンなどを育てた
歴史的な名教師ドロシーディレイ先生の言葉。

「1番好きなバイオリニストを探して研究しなさい。」

 

今を代表する名バイオリニスト
フランク・ペーター・ツィンマーマンの言葉

「僕が最も影響を受けたのは、グリュミオー、オイストラフの弾くレコードだった。」

 

 

小さい時だけでなく、大人になってからでも研究は続けます。
一番時間のあった大学生の時は、私も色んな演奏家の研究をしました。

 

レッスン以外でもCDから沢山の事を教わりました。

 

この思い出は私にとって宝です。(*^-^*)
20世紀の巨匠たちの演奏から色々と教わったときは、
国籍も言葉も今から80年前とか、生きた時代も違うのに
たった1枚のCDから、
巨匠たちに直接レッスンを受けているような感覚、見守られているような感覚になりました。

 

すごい事だと思いませんか?

 

ぜひ、観察力、研究する力を鍛えて下さいね♪

 

関連ページ

音楽性とは何か?表現力の事?それとも才能?(バイオリン)

よく発表会などで、「あの子は音楽性あるわねー。」と先生方が話しているのを耳にした事はありますか?または、「あなたは、音楽性あるわね。」などと、先生に言われたことはありますか?一流のバイオリニストになるには、テクニックも音楽性も兼ねそろえていないとなれないのですが、そもそも“音楽性って何”なのでしょう...

≫続きを読む

音楽性良く弾くコツ【バイオリン】

「音楽性良く弾きなさい。」と言われても具体的にどのようにしたらいいか、わからない時ってありますよね(^-^;今回は音楽性良く弾くコツについて紹介したいと思います。以下の動画を参考にして下さい。音域が上がったら気持ちも上げていき、下がったら気持ちも下げるように弾く。階段の上り下りと一緒で、気持ちを(テ...

≫続きを読む

先生に気に入られる観察力、耳の鍛え方【バイオリン】

まともな先生のレッスンでは、講師が手本を弾いて、生徒さんが先生の弾き方を観察して真似をする。言われた事を、すばやく理解して弾く事で上達していきます。観察力や耳のいい子は、特に講師が何も言わなくても上達してくれます。(*^-^*)耳がいいので、先生の話に耳を傾けるし、言われた事をどんどん吸収してくれる...

≫続きを読む

いびつな真珠。バッハの弾き方【バイオリン】

バロック時代の絵画、建築、音楽には宗教的な要素は外せません。そして、バロックを代表するバッハは宮廷作曲家でした。バロックの絵画や音楽などを「いびつな真珠」と言われることがありますが、その意味を、簡単に言ってしまうと「胸焼けしそうなくらいの大げさな表現で、宗教的なものが描かれている」というものです。ヨ...

≫続きを読む

バイオリンの良い音を出すには?【精神的な事。】

「水の上に敷いてある、見えないベールを歩いていく様な」「または、壊れやすい美しいガラスの上をハイヒールを履いて歩くような、、」という表現方法の方がいいかもしれない。そういう繊細な神経がないと、良い音を出せないし探せないんです。芸術的な要素だけでなく、サーカス的な要素もあります。ロシアに巨匠が多いのは...

≫続きを読む