バイオリンの姿勢を見直そう

音楽性良く弾くコツ【バイオリン】

音楽性良く弾くコツ【バイオリン】

 

「音楽性良く弾きなさい。」
と言われても具体的にどのようにしたらいいか、わからない時ってありますよね(^-^;

 

今回は音楽性良く弾くコツについて紹介したいと思います。

 

以下の動画を参考にして下さい。

 

 

音域が上がったら気持ちも上げていき、下がったら気持ちも下げるように弾く。

 

階段の上り下りと一緒で、気持ちを(テンション)を音域によって上げたり下げたりするのは、結構エネルギーを使いますね。

 

とくに、跳躍する音。

 

とても低い音から、とても高い音に行くときは、時間をかけて上へ跳躍しましょう。

 

下るときは、時間は短くてもいいです。

 

特にアーフタクトを意識して弾く。

 

1拍目の前の音は、1拍目に向かっていくように弾きます。

 

4拍子の指揮を見て下さい。

 

 

基本的には、1拍目が1番大事です。そして、1拍目の前の4拍目が1拍目に向かっていかないと、音楽が途切れてしまうのです。

 

私は、
「宴会でやる3本締めみたいな演奏やめなさい。」

 

なんて言われた事があります。(笑)

 

それは「1拍目から音楽を考えているからよ。アーフタクトから考えなさい。」

 

と言われて表現が楽になりました。

 

西洋音楽はアーフタクトから音楽が始まっている場合が多く、日本民謡は1拍目から始まる曲が多いのだそうです。

 

そのせいか、日本人はアーフタクトに弱い。

 

特に1拍目の前の音が、短くなったり小さくなったりする人が多いのだそう。

 

本当かな?と思ったけど確かにそうだな。と思いました。

 

意識して聞いてみましょう(*^-^*)

 

フレーズを意識して弾きましょう。

 

フレーズは、読点や句読点みたいなものです。

 

やりすぎは良くないのですが、

 

フレーズの始まりは、勢いよく始めて終わりは少しゆっくり弾きます。

 

フレーズの始まりは大きくフレーズの終わりは弱くする事が多いですね。

 

また、フレーズは4小節や8小節が多いのですが、どこまでがフレーズかは自由に解釈して下さい♪

 

私は、ロシア音楽は1フレーズがすごく長い感じがします。(*^-^*)

 

他にも色々音楽性良く弾くコツはあります。

 

◆音が弓の返しで途切れないように。←初心者に多い。
◆強弱つける。(難しければ音階で練習。)
◆速度を変える
◆同じ音形が出てきたら、くどくならないように、サッサと弾く。
◆曲に物語を作って、想像しながら弾く。
◆楽曲分析する。
などなど…!

 

小さい子は、音楽性のセンスを磨くために、沢山良い演奏家の音楽を聴くと良いでしょう。(*^_^*)

 

 

 

 

関連ページ

音楽性とは何か?表現力の事?それとも才能?(バイオリン)

よく発表会などで、「あの子は音楽性あるわねー。」と先生方が話しているのを耳にした事はありますか?または、「あなたは、音楽性あるわね。」などと、先生に言われたことはありますか?一流のバイオリニストになるには、テクニックも音楽性も兼ねそろえていないとなれないのですが、そもそも“音楽性って何”なのでしょう...

≫続きを読む

音楽性良く弾くコツ【バイオリン】

「音楽性良く弾きなさい。」と言われても具体的にどのようにしたらいいか、わからない時ってありますよね(^-^;今回は音楽性良く弾くコツについて紹介したいと思います。以下の動画を参考にして下さい。音域が上がったら気持ちも上げていき、下がったら気持ちも下げるように弾く。階段の上り下りと一緒で、気持ちを(テ...

≫続きを読む

先生に気に入られる観察力、耳の鍛え方【バイオリン】

まともな先生のレッスンでは、講師が手本を弾いて、生徒さんが先生の弾き方を観察して真似をする。言われた事を、すばやく理解して弾く事で上達していきます。観察力や耳のいい子は、特に講師が何も言わなくても上達してくれます。(*^-^*)耳がいいので、先生の話に耳を傾けるし、言われた事をどんどん吸収してくれる...

≫続きを読む

いびつな真珠。バッハの弾き方【バイオリン】

バロック時代の絵画、建築、音楽には宗教的な要素は外せません。そして、バロックを代表するバッハは宮廷作曲家でした。バロックの絵画や音楽などを「いびつな真珠」と言われることがありますが、その意味を、簡単に言ってしまうと「胸焼けしそうなくらいの大げさな表現で、宗教的なものが描かれている」というものです。ヨ...

≫続きを読む

バイオリンの良い音を出すには?【精神的な事。】

「水の上に敷いてある、見えないベールを歩いていく様な」「または、壊れやすい美しいガラスの上をハイヒールを履いて歩くような、、」という表現方法の方がいいかもしれない。そういう繊細な神経がないと、良い音を出せないし探せないんです。芸術的な要素だけでなく、サーカス的な要素もあります。ロシアに巨匠が多いのは...

≫続きを読む