バイオリン弾き方.com

バイオリンの良い音を出すには?【精神的な事。】

バイオリンの良い音を出すには?【精神的な事。】

 

「水の上に敷いてある、
見えないベールを歩いていく様な」

 

「または、
壊れやすい美しいガラスの上をハイヒールを履いて歩くような、、」

 

という表現方法の方がいいかもしれない。

 

そういう繊細な神経がないと、

 

良い音を出せないし探せないんです。

 

芸術的な要素だけでなく、サーカス的な要素もあります。

 

ロシアに巨匠が多いのは、中国雑技団のある中国とヨーロッパに囲まれているから

 

ともいう人もいますね。

 

 

さっきの表現でいうと、

 

私は

 

「水の上から落ちたくない。」

 

「ガラスを壊したくない」

 

という気持ちで演奏していると思います。

 

強い音でも、汚くはしてはいけない。

 

深い音にしないといけないし、その中に悩ましさとかも、、悩ましいながらも
明るい音とか考え出すと

 

なんだか、きりがないですが練習は裏切らないです。

 

しかし、

 

少し気を抜くと一気に崩れてしまう。

 

なので、とっても繊細な作業です。

 

 

 

聴音の先生が

 

「バイオリンの先生には急用ではない限り電話でなく、ハガキをだしなさい。」

 

とおっしゃていて

 

「いつの時代かな?」

 

と思ったのですが、繊細な作業をしているのだから仕方ないですね。

 

 

練習の時は繊細さが必要ですが、

 

演奏家として生きていくには皮肉でなく

 

図太さやタフさがとっても大事です。

 

国籍など違っても、何百人以上の前で演奏しなくてはいけませんからね。

 

関連ページ

音楽性とは何か?表現力の事?それとも才能?(バイオリン)

よく発表会などで、「あの子は音楽性あるわねー。」と先生方が話しているのを耳にした事はありますか?または、「あなたは、音楽性あるわね。」などと、先生に言われたことはありますか?一流のバイオリニストになるには、テクニックも音楽性も兼ねそろえていないとなれないのですが、そもそも“音楽性って何”なのでしょう...

≫続きを読む

音楽性良く弾くコツ【バイオリン】

「音楽性良く弾きなさい。」と言われても具体的にどのようにしたらいいか、わからない時ってありますよね(^-^;今回は音楽性良く弾くコツについて紹介したいと思います。以下の動画を参考にして下さい。音域が上がったら気持ちも上げていき、下がったら気持ちも下げるように弾く。階段の上り下りと一緒で、気持ちを(テ...

≫続きを読む

先生に気に入られる観察力、耳の鍛え方【バイオリン】

まともな先生のレッスンでは、講師が手本を弾いて、生徒さんが先生の弾き方を観察して真似をする。言われた事を、すばやく理解して弾く事で上達していきます。観察力や耳のいい子は、特に講師が何も言わなくても上達してくれます。(*^-^*)耳がいいので、先生の話に耳を傾けるし、言われた事をどんどん吸収してくれる...

≫続きを読む

いびつな真珠。バッハの弾き方【バイオリン】

バロック時代の絵画、建築、音楽には宗教的な要素は外せません。そして、バロックを代表するバッハは宮廷作曲家でした。バロックの絵画や音楽などを「いびつな真珠」と言われることがありますが、その意味を、簡単に言ってしまうと「胸焼けしそうなくらいの大げさな表現で、宗教的なものが描かれている」というものです。ヨ...

≫続きを読む

バイオリンの良い音を出すには?【精神的な事。】

「水の上に敷いてある、見えないベールを歩いていく様な」「または、壊れやすい美しいガラスの上をハイヒールを履いて歩くような、、」という表現方法の方がいいかもしれない。そういう繊細な神経がないと、良い音を出せないし探せないんです。芸術的な要素だけでなく、サーカス的な要素もあります。ロシアに巨匠が多いのは...

≫続きを読む