バイオリンの姿勢を見直そう

スラーを弾く時の移弦のコツと練習方法(バイオリン)

スラーを弾く時の移弦のコツと練習方法(バイオリン)

今回はスラーで移弦を弾く時に使えるテクニックを公開したいと思います。

 

移弦をする時に、

 

・雑音が入ってしまう。
・スラーの時に、右手と左手のタイミングが合わない。

 

そんなときに役立つと思います。

 

以下の動画もご覧ください。

 

 

肘は最小限に動かす。

 

スラーで移弦する時に、肘が必要以上に動いてしまうと、弓暴れてしまったり、
移弦した後の音に雑音が入りやすくなってしまいます。

 

なめらかな音で移弦するためには、右肘より右手のサジ加減で移弦するようにしましょう。

 

そのサジ加減はポイント2を参照して、感覚を掴んで行ってください。

 

スタッカートで移弦の練習をする。

 

スタッカートで練習して、
右手と左手(弓の)接点を合わせます。

 

@スタッカートで雑音なくキレイな音が出るまで、スラーで弾く。

Aスタッカートを、テヌートスタッカートで弾く。
※テヌートスタッカートとは、スタッカートを長めの音で弾くとテヌートスタッカートになります。

Bつなげて普通のスラーで弾く。

 

このように練習します。

 

左手は次の音を予測しておく。

 

左手は、今弾いている音の、次の音を予測しながら弾きます。

 

もし、次の音も指板の上に指を置いておけるのなら、
次の音も左指を置いておきましょう。(*^_^*)

 

関連ページ

スラーを弾く時の移弦のコツと練習方法(バイオリン)

今回はスラーで移弦を弾く時に使えるテクニックを公開したいと思います。移弦をする時に、・雑音が入ってしまう。・スラーの時に、右手と左手のタイミングが合わない。そんなときに役立つと思います。以下の動画もご覧ください。肘は最小限に動かす。スラーで移弦する時に、肘が必要以上に動いてしまうと、弓暴れてしまった...

≫続きを読む

右手首を使って移弦する方法【バイオリン】

右手首を使って移弦ができると、右腕や右肘をあまり動かさずに移弦ができます。少ない右手の動きで移弦出来るので、「弓を必要以上に動かしすぎて、弦の上で弓がブレて雑音が鳴ってしまう。」「速いパッセージを弾いた後に、右腕が疲れてしまう。」という悩みを解決する事が出来ます。下の動画も参考にして下さい。開放弦で...

≫続きを読む

バイオリンの移弦をする時に必ず役に立つ練習方法!

今回はバイオリンの移弦を弾く時に必ず役に立つ練習方法を公開したいと思います。移弦とは今弾いている弦とは違う弦を弾く事です。移弦をすると、・移弦した後の音が出にくい。・右手や左手が、移弦した後の音に間に合わないと速いパッセージの時に音が乱れてしまう。などの問題が出て来ます。移弦って、難しい技術のうちの...

≫続きを読む