バイオリン弾き方.com

バイオリン弾き方.com

人生が変わる!バイオリンが上手くなる弾き方

このサイトでは、今まで誰も教えてくれなかった、 上手に弾けるようになる極秘テクニックの全てを教えます!

もし、このページを見ているあなたが今、
バイオリンが上手くならずに、悩んでいる
もっと、楽に弾きたい!
上達の見込みが無くて不安
楽しくバイオリンを弾きたい!
どれか1つでも当てはまるのであれば、ぜひこのサイトをご覧ください。

バイオリン弾き方.com管理人の鈴木彩です!

こんにちは!バイオリン弾き方.comの管理人の鈴木彩です。

 

東京都に住むギリギリ2○代の女です(^^)
1歳からヤマハ音楽教室に通い、3歳からピアノ、バイオリンを始めました。

 

小学3年生からは、東京の仙川にある「桐朋音楽教室子供の為の音楽教室」に通い、

 

高校では、桐朋女子高等学校音楽科、大学も桐朋学園音楽大学に通いました。

 

専攻はバイオリンです。音楽の都ウィーンにも留学しました。

 

現在は、バイオリン講師、演奏家として働いています。

 

私は、母がピアニスト、祖母が声楽家

 

父は趣味でフルートという音楽的な環境の中で育ち、小さいころからバイオリンが好きでした。

 

大人になっても、バイオリン好きは衰えず、バイオリンへの情熱は人一倍強い方だと思います。

 

若い時はバイオリンばかり弾いていましたが、最近では美術館や博物館などをめぐって感性を磨いています。(*^^*)

 

一流の芸術品と触れ合う事で、音楽的な表現も広がって行くのかなあ。と思っています。

 

そんな私ですが、普段はバイオリン講師をしています。

 

今は子供が産まれて人数を減らしてしまいましたが、以前は400人以上の生徒さんを見てきました。

 

本当に音楽を通じて、可愛い生徒さんに恵まれ幸せでした。

 

バイオリンが好きな人は、みな私の仲間だと思っています!!(*^-^*)

 

弾き方について、悩んでいる人、困っている人がいたら、私の経験を活かして役に立てば、

 

幸せな事だと思っています。

 

YOUTUBEオンラインバイオリン講座もご覧ください。 このYOUTUBEオンラインバイオリン講座では、練習がより楽しめるように、スローテンポでも動画を上げているので、 役立てて下さい。

 

バイオリン初心者の方はまずこちらをご覧ください(*^_^*)

 

ほとんどの人達は、最初習ったはずのバイオリンの姿勢が、 崩れたまま弾いてしまっています。 自己流のまま弾いてしまうと、「楽器が下がってしまう。弾きにくい…。」 などという原因にもなってしまいますね。 良い音は姿勢から♪ですので今1度姿勢を見直しましょう。(*^-^*) 基本的な立ち方から、良い姿勢を保つ方法までお教えします。

 

右手が上達すると、スムーズに良い音がバイオリンから鳴ります。 最短で成果を上げる方法や練習の仕方をご覧ください。 また、簡単なエクササイズ、ちょっとしたコツを身につけて上質な音を目指せる極秘ノウハウを公開します。

 

右手と左手の移弦の弾き方をマスターする事で、面白いほど楽しく、速いパッセージが弾けるようになりますよ(*^_^*) 練習の仕方を知りたい方はコチラへ

 

左手も土台となる基礎の部分が大事です。 あきらめていた左手も基礎をしっかり理解する事によって、だいたい3年ほどで、 「早いパッセージが弾けるようになった。」 「重音が簡単に弾けるようになった。」 などという声が上がっています。 しっかりと基礎を固めれば、驚く程上達するのです。

 

バイオリンは、音程を自分で作る楽器です。 鍵盤楽器のピアノの音を聞きながら。またはチューナーを見ながら正しい音程を探していきます。 うさぎと亀の亀さんのように、コツコツと良い音程を探していきましょう。 この音程を聞く練習をすると、非常に耳が良くなります。 音程を取る練習をして、一緒に絶対音感、相対音感も身に付けちゃいましょう♪

 

ビブラートが出来たら、一気に音のレベルが上がります。 曲を弾く時、オペラ歌手の歌声みたいに、ビブラートを自在に操るごとが出来たら…!嬉しいものです。(*^-^*) ビブラートって左手にも良い効果が現れます。 必然的にビブラートをかけるには左手をリラックスしないと出来ないので、 力を抜く練習にもなるのです。 音程が良くなり、音を探らなくなったら、早めに習得しましょう♪ ビブラートをかける方法を学びたい方はコチラから

 

今までバイオリンを持つのに違和感を抱えていても、脱力を身につけると、 まるで楽器が体の1部になったのかと言うくらい、自然に気持ちよくバイオリンが弾けるようになります。 脱力が出来ると、バイオリンとの時間の時には、 「練習をする時に、自分の音に癒される!心地良い!」それくらいリラックスして充実した時間を送れるでしょう。(*^-^*)

 

ポジション移動を上手くマスターして、 高い音も低い音も、スラスラと奏でましょう♪

 

時間が無い人こそ、楽譜を読む練習をしましょう。1度楽譜が読めるようになったら、 永久的に苦労せず、新しい曲にチャレンジ出来るようになります。 1日10分楽譜を読む練習をすると、数か月後には楽譜を読むのが楽しくてしょうがなくなるでしょう。

 

自分の想像していることを、バイオリンを通して上手く人に伝えたい。 自分の考えている事を、バイオリンで表現したい方はご覧ください。

 

管理人が考える、子供の練習嫌いの直し方、早期教育などについて詳しく書いています♪

管理人について知りたい方はコチラ→管理人プロフィール