バイオリン弾き方.com

右手首だけを柔らかくする2つの方法【バイオリン】

右手首だけを柔らかくする2つの方法【バイオリン】

手首が使えるようになると
アタックのない滑らかな移弦が出来るようになります。
早いパッセージの時は
特に右手の手首から指先までが柔軟に使えるといいですね。

 

 

ウィーンで習った指弓と手首の使い方を以下の動画で説明しているので御覧くださいね♪

 

バイオリンを持たずに、手首の運動をする。

 

まず音を出さない状態で指弓の練習を行うと、いいでしょう。
この時、上腕と前腕が動かないように練習して下さいね♪

 

指弓が動くようになったら、手首と指弓両方を使って動かしてみましょう。
だいたい指弓が出来るようになったら
手首だけ動かすことが出来るようになります。

 

音を出して練習しましょう。

 

A線の音でまず、右手だけ動かす練習をしましょう。

 

自分の前腕を左手で固定持って手首だけ動かしてみるのもいいでしょう。

 

手首以外が動きやすいので、上腕、前腕、肘が動かないように、
よく目でも確認して練習して下さい。(鏡を見ながらでもいいです。)

 

手首だけ動かすのは結構難しいですね。(^-^;

 

コツは手首を使おうと意識するのではなく、まず指弓を使うことを意識して練習しましょう。

 

指弓が動くようになると、だいたい手首も指弓に合わせて、動いてくれるようになります。

 

 

 

右手首だけ動くようになったら、左手も付け加えて練習してみましょう。
簡単な曲からでいいです。

 

キラキラ星を16分音符で弾いてみましょう。
音階で手首だけ動かす練習をしてもいいです。

 

この2つのステップが出来れば
手首を柔軟に使う事が出来るようになります。