バイオリン弾き方.com

短音音階の豆知識【バイオリン】

短音音階の豆知識【バイオリン】

皆さんは、教本で

 

長音音階と短音音階を弾いていますよね。

 

 

明るいほうが、長音音階
暗いほうが、短音音階

 

しかし、なぜ短音音階は
行きと帰りで音が変わるのか疑問に思った事があると思います。

 

それは、いつも「旋律的短音階」で弾いているからです。

 

短音音階には、主に2つの種類がある事を覚えておきましょう。

 

「和声的短音階」と「旋律的短音階」です。

 

 

「和声的短音階」は第7音を半音上げます。
行きも帰りも同じに弾きます。

 

その調で和声や分散和音を弾くときは、和声的短音階で弾くので、
和声的短音階と言います。

 

「旋律的短音階」
は行きで第6音と第7音を半音上げますが

 

帰りは第6音と第7音を半音下げます。

 

つまりその調の調号で弾くという事になります。
なぜ「旋律的短音階」というのかと言うとその方が
旋律的に美しいから「旋律的短音階」と言います。