バイオリンの姿勢を見直そう

バイオリンの松脂の塗り方とおすすめの松脂

バイオリンの松脂の塗り方とおすすめの松脂

今回は、バイオリン歴2○年のプロのバイオリニスト(管理人)がオススメする、

 

松脂の塗り方をご紹介します。
以下の動画をご覧ください。

 

 

練習前に松脂を塗るのは1〜2往復くらいで良い。

 

だいたい90分練習で、1〜2往復くらいです。

 

初心者のうちは松脂のつけ過ぎに注意しましょう。

 

まだ、バイオリンを習いたての時は、ガツガツと激しい曲は弾かないですね(^-^;

 

あまり沢山松脂を付けると、

 

・音がガサガサする。(特に分数楽器。)
・演奏すると、弓の毛の部分から松脂の粉が大量に落ちて、バイオリンが白くなる。

 

原因になります。

 

薄く付けるイメージで1〜2往復しましょう。

 

基本的に
・弾いている時に、粉が飛び散る→松脂をつけ過ぎ。
・弾いている時に、音がスカスカすべって鳴らないor音が小さい→松脂を付けなさすぎです。

 

松脂は、付けたてが一番良い音がしますから、練習前に1〜2往復すると良いですね。

 

 

弓の毛のハシの部分も塗り忘れのないようにしましょう。。

 

松脂を落とす時は、ティッシュで。

 

余分な弓の毛についた、松脂はティッシュで1〜2往復して落とします。

 

弓の毛を、指ではじいて余分な松脂を落とすやり方はおススメしません。

 

手や指は、自分が思っている以上に汚れているので、

 

弓の毛を触ると、黒くなってしまいます。黒くなった部分は、音が出にくくなります。

 

いったん、黒くなってしまった毛は、毛替えするまで黒くなってしまいますから、あまり弓の毛は触らない方が良いです。

 

また、弓の毛を指ではじくのは、弓の木の部分に負担がかかりますので、良くないと思います。

 

実際それで弓を折ってしまった人がいるんですよ(:_;)気を付けましょう。

 

毛替えした後の弓に、松脂を塗るときは、強く掘るように塗る。

 

毛替えした後の弓は、割と強く塗りましょう。
ガシガシ塗っていくイメージです。

 

一番よく使う、
元と先を30往復
真ん中を20往復
全体を3〜5往復くらいします。

 


弓のハシの部分を塗る。

ティッシュで余分な粉をオフする。

 

これで、松脂が上手く塗れたと思います!

 

おすすめの松脂

 

松脂の中で音が一番いいのはギヨームですね。(^^)
音に張りがでます。
使用感は、しっかりと松脂が濃く弓の毛につく感じです。

 

あともう一つ良い松脂はベルナルデルです。
定番中の定番ですね。

 

ベルナルデルの使用感は、さらっと松脂が毛につく感じです。

 

どちらも、おすすめです。

 

私の場合、弓が重く、操作性はベルナルデルの方が好きなのでベルナルデルを使っています♪