管理人のバイオリン演奏動画

初めての大人用バイオリンの買い方!チェック項目10選!

初めての大人用バイオリンの買い方!チェック項目10選!

 

初めてバイオリンを購入する時って

 

「どんなバイオリンを買えばいいんだろう?」
「値段をいくらぐらいにすればいいんだろう?」

 

と悩みますよね。(^-^;

 

バイオリンは高い買い物ですし、自分が探し求めている良いバイオリンと出会いたいですよね。

 

この記事では、予算の決め方から、後悔しないチェックポイントなどをいくつか紹介したいと思います。

 

 

お店に行く前に、予算を決めましょう。

 

お店に行く前に、予算を決めておくと良いと思います。

 

予算が決まったら、楽器屋さんに連絡して、その価格帯の楽器を出来るだけ多く用意してもらうと選択の幅が広がって良いです。

 

基本的には、高くなればなるほど音は良くなり弾きやすくなります。

 

バイオリンの値段は、職人のレベルや、木の材質などによって変わってくるからです。

 

ですが、必ずしも高い楽器だから安い楽器より鳴るという訳ではありません。

 

例えば、古い楽器で高値のバイオリンがありますが、(状態が良くて、古い楽器ほど価値が高い。)

 

弾きこまれていなかったバイオリンは、音を出すのが難しかったりします。

 

やはり、音を出して納得した上で購入しましょう。

 

高い楽器であれば、出来れば、バイオリンの音の分かる先生や知人と購入すると良いと思います。

 

以下の記事で、バイオインの値段、相場を紹介します。予算を決める時にお役立て下さい。

 

1万円前後のバイオリン

 

1万円前後のバイオリンは、最安値の価格帯と言えます。

 

私は、野外で撮影する時に買いました。(*^_^*)

 

おもちゃとして使うならいいと思います。音はバイオリンの音ではなくて、鼻が詰まったような音が出ます。

 

ペグが回らなくなったり、駒の位置がずれたり…

 

調整するのが結構難しいです。

 

気軽に始めるのならいいけど、もって1年くらいかな。

 

10万円前後のバイオリン

 

多くの初心者セットが10万円前後の価格帯で売り出しされています。大量生産品です。

 

音色は魅力的ではありませんが、
「続けられるか分からない。」
というスタートならこの価格帯がおすすめです。

 

ですが、バイオリンが上達していくと音のクオリティーや、音色に物足りなさを感じるかも。

 

 

30万円〜50万円

30万円以上出すと、ようやくバイオリンらしい音になります。

 

また、音色の違い、楽器の個性が出て来て、掘り出し物が多いのがこの価格帯からです。

 

ヨーロッパの1900年代初頭の楽器もあります。

 

奥行や、深みがでてくる。
修理を重ねて長く使いたいのであれば、最低この価格帯からでしょう。

 

これから、きちんと本格的にバイオリンを始めたいのであればこの価格帯が適しています。

 

50万〜70万のバイオリン

50万円以上出すと、1800年代のヨーロッパの古い楽器、作りの良い日本人の新作楽器などがあります。
コンサートで弾いても大きく響くような、豊かな音色と音量が出始めます。

 

70万以上のバイオリン

70万円以上出すと、大量生産品ではなく、個人制作家の楽器が出て来ます。

 

ヨーロッパ製(フランス、ドイツ)のオールド楽器、タリアの若手の職人が制作した新作楽器があります。

 

150万以上のバイオリン

150万以上出すと熟練の手による良質な新作のイタリアンがあります。
鑑定書のついた楽器もあります。

 

 

バイオリンを購入する際の参考チェック項目10選!

 

初めてバイオリンを購入する際は以下の項目をチェックしましょう。

 

見た目は好きか?
好みの音か?
音量は大きいか?
音の深みがあるか?
音の立ち上がりはいいか?
金属的な音はしていないか?
ビブラートの鳴り具合はいいか?
ニスがテカテカし過ぎてないか?
弾きやすいか?
雑音がないか?

 

以上の項目でYesが多いほど、良い楽器と言えます。

 

色々とチェック項目を書きましたけど、一番はやっぱり、
音が好きかどうかで選ぶと良いと思います。(*^_^*)

 

 

バイオリン購入のオススメは?

 

私は最初にバイオリンを購入する場合、30万前後の楽器が良いと思います。

 

その価格帯からバイオリンの音色が出て来ますから。
ある程度、弾けるようになると

 

「こういう音の出る楽器が欲しい!」

 

という事にもなるかもしれませんね。

 

高い買い物ですから、焦って買う必要はありません。何件か見て歩くのも良いですし、

 

お店に録音テープなど持って行って、家で落ち着いて聞いてみたり。

 

お店の人にお願いして、1週間だけ借りて、バイオリンの先生にも選んでもらったり。

 

自分の納得のいく、良いバイオリンに出会えると良いですね!

 

お店での値下げ交渉はダメもとでもしてみる。

 

大手楽器店などでは、稀に、バイオリンの値下げ交渉をしてくれる場合がありますよ。

 

例えば、

 

「これ以上、この楽器は安くならないんですか?」

 

「弓とバイオリン、セットで購入する場合は、割引になりますか?」

 

「ケースは付けて頂けますか?」

 

など、ダメもとでも良いので、お店の人に聞いてみるのも良いでしょう。

 

聞いてみるだけなら、タダですからね♪

 

私は、2〜3件くらい値下げ交渉をした事があります。
値下げ交渉をして、数千円、楽器の値段が下がりました。

 

お店の人に嫌われないように、

 

常識の範囲内でバイオリンの値下げ交渉をすると良いと思います。(*^_^*)

 

 

 

関連ページ

バイオリンを始める!まず何を買う?購入するべきの物、揃える物

今回は、バイオリンを始める時に必要なものを紹介いたします。バイオリン、弓、バイオリンケース楽器屋さん、(宮地楽器、クロサワ楽器、文京楽器など。)または通販(ベストバイオリンなど。)で購入します。あと、レンタルする方法もあります。(バイオリン販売のカンタービレなど。)まずは予算を決めて購入しましょう。...

≫続きを読む

初めての大人用バイオリンの買い方!チェック項目10選!

初めてバイオリンを購入する時って「どんなバイオリンを買えばいいんだろう?」「値段をいくらぐらいにすればいいんだろう?」と悩みますよね。(^-^;バイオリンは高い買い物ですし、自分が探し求めている良いバイオリンと出会いたいですよね。この記事では、予算の決め方から、後悔しないチェックポイントなどをいくつ...

≫続きを読む

バイオリンの教本は何を使えばいいの?特徴や私のオススメ!

今回は私のお気に入りの教本や特徴を教えます。バイオリンの教本の定番と言えば、スズキメソード、篠崎バイオリン教本新しいバイオリン教本などがありますね。1巻ならば、スズキメソードを使用するのが私は好きですね。なぜかと言うと、「新しいバイオリン教本」は1巻の途中から難易度が高くなりすぎてしまう。「篠崎バイ...

≫続きを読む

おすすめの譜面台(バイオリン)口コミ

おすすめの譜面台譜面台もバイオリンを練習する時の必須アイテムですね。オススメの譜面台の選び方をご紹介します。家で練習する時の譜面台家でバイオリンの練習をする時に使う譜面台は、持ち運びできる軽量タイプではなく、どっしりとした感じの重量タイプがオススメです。重量タイプですと、たくさん楽譜をのせられます。...

≫続きを読む

バイオリンの松脂の塗り方とおすすめの松脂

今回は、バイオリン歴2○年のプロのバイオリニスト(管理人)がオススメする、松脂の塗り方をご紹介します。以下の動画をご覧ください。練習前に松脂を塗るのは1〜2往復くらいで良い。だいたい90分練習で、1〜2往復くらいです。初心者のうちは松脂のつけ過ぎに注意しましょう。まだ、バイオリンを習いたての時は、ガ...

≫続きを読む

バイオリンの弓の貼り方、張り具合【おすすめ】

今回は、おすすめの弓の張り具合を紹介したいと思います。以下の動画をご覧ください。弓の木1本分より少し張る。弓の木の部分はそれぞれ個体差があって、細かったり、太かったり色々あります。弓の張り具合も、弓の木の部分の太さによって、変わって行きます。だいたいの目安で、今使っている弓の木1本分よりも少し張るく...

≫続きを読む

バイオリンおすすめの肩当てと顎当て紹介、痛くなりにくいのは?

今回は、おすすめの顎当てと肩当てを紹介したいと思います。「首が痛い。肩が凝ってしまう。」と言う原因のうちの1つが、顎当てと肩当てが、自分に合っていない。という事があります。これから紹介する顎当てと肩当ては生徒さんにも好評でしたが、好みがありますから、ぜひ肩当てと顎当ては何種類かお店で試してから購入し...

≫続きを読む

なぜバイオリンは調弦の必要があるのか?チューナーの役割について

まず、バイオリンは練習する前に4本の弦すべて調弦をします。練習する前に、正確に調弦するのはとても大切です。当たり前の事ですが良い音程で、音階や曲を弾くには、まずは、慎重に正しい音程で調弦する事が大事です。調弦が毎回違っていたり、音程が悪いと、左指の押さえる位置が変わってしまいますからね(^-^;正し...

≫続きを読む

バイオリンのメトロノームの使い方。

今回は、初心者の方向けに、メトロノームの使い方について紹介したいと思います。メトロノームとは、曲のテンポを一定に保つ為の器械です。なぜメトロノームを使う必要があるの?メトロノームを使うと、正確に楽譜通りの音の長さを確認する事が出来るんです。演奏していると、自分では一定のテンポで弾いているつもりが、気...

≫続きを読む

バイオリンの弓の角度と役割を知っておこう。

今回は、弓の角度と役割について紹介したいと思います。以下の動画もご覧ください。弓の木を自分より反対側に傾ける。弓を自分とは反対側に倒すと、弓の毛の量が少なくなると思います。弓の毛の当たる量は、だいたい全部毛がついている時の半分くらいにすると良いでしょう。毛の当たる量が少なくなると、弓のコントロールが...

≫続きを読む

【初心者向け】おすすめの矯正器具【バイオリン】

なるべく短時間で、良い姿勢でバイオリンが弾けたら良いですよね(*^-^*)今回は、長く講師をしていて「これは使えるな!」と思ったグッツを紹介したいと思います。以下の動画をご覧ください。ボーイング練習ガイドを使う。バイオリン弓ボーイング練習ガイド HorACE Bow Guide上の画像のように、楽器...

≫続きを読む