バイオリン弾き方.com

英語は日常会話程度は話せるように【音楽留学】

英語は日常会話程度は話せるようにしておこう。【音楽留学】

音楽留学というのは、当然
「語学を学ぶため」
と言うより、
音楽の視野を広げる為に行くものだと思います。

 

「ここの国へ行きたい!」
と思っていくのではなく
「この先生に習いたいから!」と留学する人が多いです。

 

その先生が、ロシアにいる!と思ったら
数年後にはドイツの音大に就任した!
半年後にはスイスの音楽院に就任した!

 

という話も聞かない事はないです。(人気者なので)

 

高校の時に、第二外国語をドイツ語で履修しても
たまたま空きがあって、習いたい先生が
フランス語圏だった!という事もあり得ます。

 

海外の有名な先生に習うのは、結構難しいです。
全世界から、その先生をめがけて生徒が集まってくるので
先生の空きが無い場合も多く
先生探しは大変です。

 

著名な海外の先生は
ほとんど英語が話せます。

 

出来れば先生探しまでに
英語はある程度しゃべれるようにしておくと
いいでしょう。

 

 

関連ページ

英語は日常会話程度は話せるように【音楽留学】

音楽留学というのは、当然「語学を学ぶため」と言うより、音楽の視野を広げる為に行くものだと思います。「ここの国へ行きたい!」と思っていくのではなく「この先生に習いたいから!」と留学する人が多いです。その先生が、ロシアにいる!と思ったら数年後にはドイツの音大に就任した!半年後にはスイスの音楽院に就任した...

≫続きを読む

海外留学先での先生探しの方法

例えば今習っているバイオリン先生のご紹介があればすごく楽。その先生に習えばいいのですからね。しかし、あまりそういう話は聞きません。皆、それぞれが調べて習いたい先生を探しますが良い先生は、人気が高いので探すのが大変です。国内、海外のヴァイオリンセミナーへ行く。国内、海外のバイオリンセミナーへ行き、先生...

≫続きを読む

現地に到着後の先生を探し方【音楽留学】

日本で海外の良い先生を探すのは、距離も遠く大変です。海外や、日本国内の音楽セミナーも、せっかく参加したのに、「空きがない。」と先生から言われてしまうととても残念な気持ちになりますね。音楽物件も限られているのでまず、物件を確保して第2候補くらいのすぐに習える先生に習って現地の情報を頼りに先生を探してい...

≫続きを読む

ウィーンでの音楽物件探し

掲示板を見る例えば、「ウィーンの森の散歩道」という掲示板を毎日チェックしているといい物件が見つかったりします。音大生が帰国のため…ルームシェアを見つけたい為…引っ越しの為…などなどチェックしてみて下さい。ウィーンの森の散歩道 掲示板語学学校で手配してもらうホストファミリーか、寮か、アパートメントか選...

≫続きを読む