バイオリンの姿勢を見直そう

ビブラート上達のコツ!早くかけるには(バイオリン)

ビブラート上達のコツ!早くかけるには(バイオリン)

ビブラートのかけ方については教わったけど、速い速度でかけられない…

もっと良いビブラートをかけたい!
そんな方向けに、

 

ビブラートを早くかける為の練習の仕方、上質なビブラートへしていくにはどうするのか?
公開したいと思います!

 

動画も参考にして下さい(*^-^*)

 

 

回数を決めて練習する

 

トリルの練習の仕方でもご紹介しましたが、今自分が何個のビブラートがかかっているか?
把握することは、大事です。

 

なぜなら、自分のビブラートの数を把握して、初めて自分の思うようにビブラートがコントロール出来るからです。

 

動画でも紹介している通り、

 

4個のビブラート、8個のビブラート、10個のビブラート、12個のビブラート

 

と数を決めて、数を増やしながら練習していきます。

 

最終的には12個以上かかるといいですね(*^-^*)

 

耳だけでなく、目で見てビブラート出来ているか見ながら弾く。

 

動画では公開していないのですが左手の指を、見ながら練習することは重要です。

 

◆今弾いている音から、次の音を弾く間
◆1の指、4の指
◆ポジション移動の前の指

 

はビブラートが止まりやすいです。

 

耳だけで聞いて判断してもいいのですが、目でも自分の左手を見て

 

「ちゃんとビブラートが継続してかかっているか。左手が揺れているか。」
自分の左手を監視するつもりで音階などで確認しながら練習しましょう。

 

ビブラートのリズム練習をする。

 

リズム練習は、速いパッセージを練習する時に、
あえてより難しいリズムで弾いて、速いパッセージを優しく弾けるようにしていく練習ですよね。

 

ビブラートでもリズム練習をすると、普通にビブラートをかけるときに、より早く優しくかかるようになります。

 

音質をよくするには?

弾きたいビブラートを真似する。

 

憧れのバイオリニストなどの音をよく聞いて、真似しましょう。
音源があれば、1〜2音聞いたら再生停止のボタンを押して、真似して自分の音を出していきます。

 

地道な作業ですが、これが一番ビブラート上達の近道だと思います。

 

うちの子ビブラートが出来るのに、曲の中でビブラートしてくれないんです。

 

と親御さんから相談を受けることがよくあります。

私も、ビブラートはかけられるけど、つい疲れている時などに、練習しなければならない時は、
ビブラートをかけないで練習してしまう事がありました。(^-^;

 

ビブラートをかけるのは、ちょっと面倒臭いのです。
音大生の友達も、
同感してくれたので、ほとんどの人にとっては少し面倒なのかもしれません。
その友人は「ビブラートは気合でかけろ!」と先生に言われたそうです。(*^_^*)

 

その言葉通り、ビブラートは結構本人のエネルギーを使うんです。

 

私は、疲れていて、曲など弾いている時にビブラートしなくなっていたら、

 

「私は今、疲れているんだな。」と認めて楽器を置き、お茶タイムにして仕切り直して練習しました。

 

まず、お子様の場合は、本人にビブラートをかける気があるのか?どういうビブラートをかけたいのか?

 

聞いてみると良いと思います。

 

また、子供が疲れている為にビブラートがかからなくなっていた場合は、甘いものなどをとって休憩して仕切り直しましょう。

 

本人にビブラートに対する憧れと、目標があれば、
ビブラートをかけてくれると思います。

 

そして、やはり
◆ゆっくり練習
しましょう。

 

速いテンポだと、ビブラートをかける余裕がなくなってしまい、ますますビブラートかけない癖ができてしまいます。
ゆっくり練習して、ビブラートもその中でかけられるようになったら、ちょっとずつテンポを上げていってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

バイオリンのビブラート研究をしよう!【巨匠達の動画を見る。】

「ビブラートを聞くと、誰が弾いているかわかる。」と言うくらい、一人ひとり持っているビブラートが違っていて、ビブラートはその人の個性が一番音に出る!と私は思っています。今回はバイオリニストの巨匠達の演奏を見て、聴いて、それぞれどんなビブラートで弾いているか参考にしてみましょう。ビブラートは主に、◆腕か...

≫続きを読む

初めてのバイオリンのビブラートのかけ方【腕から】

今回は左腕からビブラートをかける方法をお伝えします!ビブラートは、自分の思い通りにかけられるまで個人差はありますが2カ月以上の時間がかかります。すぐに上手くかからなくても、あきらめずにビブラート練習して下さいね!初めてビブラートをする場合は、手首からのビブラート練習からではなく、スタンダードな左腕か...

≫続きを読む

バイオリンビブラート【大人初心者向け】のかけ方と動かし方

今回は大人から始めている方向けに、ビブラートの動かし方や練習方法などを公開したいと思います。基本的に、ビブラートをかける音は@左指先を立たせる→A半音音を下げる為、指先が動かないようにしつつ、左指先を寝かす!の繰り返しをしますね。(*^_^*)ただ、指を寝かす時に、左手全体に力が入っていたら左手が動...

≫続きを読む

ビブラート上達のコツ!早くかけるには(バイオリン)

●ビブラートのかけ方については教わったけど、速い速度でかけられない…●もっと良いビブラートをかけたい!そんな方向けに、ビブラートを早くかける為の練習の仕方、上質なビブラートへしていくにはどうするのか?公開したいと思います!動画も参考にして下さい(*^-^*)回数を決めて練習するトリルの練習の仕方でも...

≫続きを読む

ビブラートの種類を知っておこう。(バイオリン)

ビブラートはバイオリニストの個性が特に出る技術だと思います。色々なバイオリニストによってビブラートが違うので面白いですね。今回は、よく言われるビブラートの使い分けの仕方についてご紹介したいと思います。以下の動画を参考にして下さい。G線はややゆっくりビブラートをかけて、E線は少し早めにビブラートをかけ...

≫続きを読む