おすすめの譜面台(バイオリン)口コミ

おすすめの譜面台(バイオリン)口コミ

おすすめの譜面台(バイオリン)口コミ楽譜たて

 

おすすめの譜面台

 

譜面台もバイオリンを練習する時の必須アイテムですね。

 

オススメの譜面台の選び方をご紹介します。

 

家で練習する時の譜面台

家でバイオリンの練習をする時に使う譜面台は、持ち運びできる軽量タイプではなく、どっしりとした感じの
重量タイプがオススメです。

 

重量タイプですと、たくさん楽譜をのせられます。軽量タイプだと、1〜2冊しか譜面台にのりません。

 

また、練習中、楽譜に指番号を書く時、軽量タイプだとすぐに譜面台が倒れてしまいます。

 

私が一番オススメできる譜面台は、オオハシ ミュージックスタンド プロフェッショナルタイプ AS-18Fです(*^-^*)

サイズは90〜160センチあるので、大人も子供も使えます。

譜面台を選ぶ時のポイント

 

サイズを確認しましょう。

 

譜面台は色々なサイズがあります。

 

目安は大人が、座っても立っても楽譜が見える位置
やはり、だいたい90センチから160センチの楽譜を選ぶと良いでしょう。

 

通販サイトで譜面台を買う時、特に注意しましょう。
子供向けの譜面台で高さが110センチまでしか伸びない譜面台もあります。

 

長く使いやすい譜面台は?

 

えんぴつ置き場がある。

 

ねじが付いている譜面台を選ぶ。

下の画像はねじがないタイプです。
ちなみに、サイズも間違えて購入してしまい、一番高くて110センチまでしか上がらない譜面台です(:_;)

下の写真はねじがないタイプ。重さで落ちてしまう。


教本を11冊くらい楽譜をのせると重さで譜面台が下がっていってしまいます。(苦笑)

 

やはり楽譜が多く譜面台にのれば、それに越した事はないと思います。
教本も進んでいくと、カールフレッシュという142ページもある譜面を使ったり、コンクールを受けたりすると
課題曲が7曲くらい出ます。

 

そして、伴奏のメロディーを覚える為、ピアノ伴奏譜(バイオリンの譜面より重い。)譜面台にのせたりします。

 

 

あとは、おしゃれに装飾のついた譜面台はインテリアにもなっていいですが、
やはりスタンダードな安定感があって穴がすくない方が長く使えます。

 

私の実家の譜面台は20年以上持っていて今も現役。すごいですよね。

 

何度か買いなおすより、良い譜面台に出会える方が良いですね♪

外出するときは?

 

折り畳み出来る軽量タイプがおすすめです。
バイオリンを持っての外出って結構大変。
楽譜も重いし、バイオリンもバイオリンケースに入れると重くなります。

 

外出先でバイオリンを弾くに疲れないように、
なるべく軽い譜面台を選ぶのが私はオススメです♪

 

YAMAHA ヤマハ 軽量 譜面台 ソフトケース付 MS-250ALS

 

便利なグッツ

結構便利で使っていて楽しい、グッツを紹介します♪
えんぴつに付ける消しゴム

 

マグネットペン

 

関連ページ

バイオリンを始める!まず何を買う?購入するべきの物、揃える物

今回は、バイオリンを始める時に必要なものを紹介いたします。バイオリン、弓、バイオリンケース楽器屋さん、(宮地楽器、クロサワ楽器、文京楽器など。)または通販(ベストバイオリンなど。)で購入します。またはレンタルする方法もあります。(バイオリン販売のカンタービレなど。)バイオリンの相場や選び方を知りたい...

≫続きを読む

初めての大人用バイオリンの買い方!チェック項目10選!

初めてバイオリンを購入する時って「どんなバイオリンを買えばいいんだろう?」「値段をいくらぐらいにすればいいんだろう?」と悩みますよね。(^-^;バイオリンは高い買い物ですし、自分が探し求めている良いバイオリンと出会いたいですよね。この記事では、予算の決め方から、後悔しないチェックポイントなどをいくつ...

≫続きを読む

バイオリンの教本は何を使えばいいの?特徴や私のオススメ!

今回は私のお気に入りの教本や特徴を教えます。バイオリンの教本の定番と言えば、スズキメソード、篠崎バイオリン教本新しいバイオリン教本などがありますね。1巻ならば、スズキメソードを使用するのが私は好きですね。なぜかと言うと、「新しいバイオリン教本」は1巻の途中から難易度が高くなりすぎてしまう。「篠崎バイ...

≫続きを読む

おすすめの譜面台(バイオリン)口コミ

おすすめの譜面台譜面台もバイオリンを練習する時の必須アイテムですね。オススメの譜面台の選び方をご紹介します。家で練習する時の譜面台家でバイオリンの練習をする時に使う譜面台は、持ち運びできる軽量タイプではなく、どっしりとした感じの重量タイプがオススメです。重量タイプですと、たくさん楽譜をのせられます。...

≫続きを読む

バイオリンの松脂の塗り方とおすすめの松脂

今回は、バイオリン歴2○年のプロのバイオリニスト(管理人)がオススメする、松脂の塗り方をご紹介します。以下の動画をご覧ください。練習前に松脂を塗るのは1〜2往復くらいで良い。だいたい90分練習で、1〜2往復くらいです。初心者のうちは松脂のつけ過ぎに注意しましょう。まだ、バイオリンを習いたての時は、ガ...

≫続きを読む

バイオリンの弓の貼り方、張り具合【おすすめ】

今回は、おすすめの弓の張り具合を紹介したいと思います。以下の動画をご覧ください。弓の木1本分より少し張る。弓の木の部分はそれぞれ個体差があって、細かったり、太かったり色々あります。弓の張り具合も、弓の木の部分の太さによって、変わって行きます。だいたいの目安で、今使っている弓の木1本分よりも少し張るく...

≫続きを読む

バイオリンおすすめの肩当てと顎当て紹介、痛くなりにくいのは?

今回は、おすすめの顎当てと肩当てを紹介したいと思います。「首が痛い。肩が凝ってしまう。」と言う原因のうちの1つが、顎当てと肩当てが、自分に合っていない。という事があります。これから紹介する顎当てと肩当ては生徒さんにも好評でしたが、好みがありますから、ぜひ肩当てと顎当ては何種類かお店で試してから購入し...

≫続きを読む

なぜバイオリンは調弦の必要があるのか?チューナーの役割について

まず、バイオリンは練習する前に4本の弦すべて調弦をします。練習する前に、正確に調弦するのはとても大切です。当たり前の事ですが良い音程で、音階や曲を弾くには、まずは、慎重に正しい音程で調弦する事が大事です。調弦が毎回違っていたり、音程が悪いと、左指の押さえる位置が変わってしまいますからね(^-^;正し...

≫続きを読む

バイオリンのメトロノームの使い方。

今回は、初心者の方向けに、メトロノームの使い方について紹介したいと思います。メトロノームとは、曲のテンポを一定に保つ為の器械です。なぜメトロノームを使う必要があるの?メトロノームを使うと、正確に楽譜通りの音の長さを確認する事が出来るんです。演奏していると、自分では一定のテンポで弾いているつもりが、気...

≫続きを読む

バイオリンの弓の角度と役割を知っておこう。

今回は、弓の角度と役割について紹介したいと思います。以下の動画もご覧ください。弓の木を自分より反対側に傾ける。弓を自分とは反対側に倒すと、弓の毛の量が少なくなると思います。弓の毛の当たる量は、だいたい全部毛がついている時の半分くらいにすると良いでしょう。毛の当たる量が少なくなると、弓のコントロールが...

≫続きを読む

【初心者向け】おすすめの矯正器具【バイオリン】

なるべく短時間で、良い姿勢でバイオリンが弾けたら良いですよね(*^-^*)今回は、長く講師をしていて「これは使えるな!」と思ったグッツを紹介したいと思います。以下の動画をご覧ください。ボーイング練習ガイドを使う。バイオリン弓ボーイング練習ガイド HorACE Bow Guide上の画像のように、楽器...

≫続きを読む