バイオリンの姿勢を見直そう

右手首を使って移弦する方法【バイオリン】

右手首を使って移弦する方法【バイオリン】

右手首を使って移弦ができると、右腕や右肘をあまり動かさずに移弦ができます。

 

少ない右手の動きで移弦出来るので、

 

「弓を必要以上に動かしすぎて、弦の上で弓がブレて雑音が鳴ってしまう。」
「速いパッセージを弾いた後に、右腕が疲れてしまう。」

 

という悩みを解決する事が出来ます。

 

下の動画も参考にして下さい。

 

開放弦で練習する。

 

まず、同じ弦で手首を使って弾けるようにします。同じ弦で手首のみ使って弾く方法

 

それから、

 

G線→D線、D線→A線、A線→E線

 

自分から見て右へ移弦する時は、手首を右回しして弾きます。

 

E線→A線、A線→D線、D線→G線

 

自分から見て左に移弦する時は、手首を左回しして弾きます。

 

クロイツェル13番を使って練習する。カイザー10番でも可能!

 

右手首を動かしたいのなら、右手の指を意識する!

 

と言うのを前回、同じ弦で手首のみ使って弾く方法
という記事でご説明したのですが、
今回も右手指を意識して練習します。

 

ダウンボウの時は指を曲げて、アップボウの時は指を伸ばして弾きます。

 

右手の手の平を意識して弾く。

 

経験上、指を伸ばして弾くのは楽に弾けるのですが、
ダウンの時に、指を曲げる方が難しいです。

 

そんな時は、右手の手の平に注目してみましょう。

 

アップボウの時は手の平が下がり、ダウンボウの時は、手の平が上がります。

 

最初のうちは、ちゃんと正しいフォームになっているか、止まりながらでいいので、
指弓ができているか?手首が固定して動いているか?確認しながら練習しましょう。

 

テクニック集のクロイツェル13番、カイザー10番は手首を使って移弦をするためのページです。
(左手を重音で取る練習でもありますが、まずは右手首を柔らかく使う方法を習得しましょう。)

 

最初の4小節で良いので、手首が使えるように(ダウンボウの時は指を曲げて、アップボウの時は指を伸ばす。)してから、
最後のページまで練習すると良いでしょう。(*^_^*)